書道とは何か、というお話です。

書道」を科目としてみると、高等学校の美術・音楽などの芸術科目に位置付けられています。これは、中学までの「書写(科目は国語)」を基礎とし、そこから芸術性を取り入れたものであるため、芸術科目に分けられます。

では、具体的に芸術性ってなんだろうというところです。

たとえば、

・かすれやにじみ=OK

・紙からはみ出して書いてもよい

・筆はいろいろ

・読めない作品もあり

など、中学までは先生から、あれはダメそれはダメと言われていたことが、OKとなるようなことが多いです。

習字から書道へと変わるときに、楽しくなる理由がこれです。ただし、これらは書道というものの歴史を知り、臨書と呼ばれる修行をやる上で成り立つものです。

 

次回は、この臨書について。

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です