習字と書道は、本来ちがうことをご存知でしょうか。

言葉を色々省きますが、わかりやすい例でいうと、「先生のお手本通りに作品を書く」のが習字、「先生のお手本なしで作品を書く」のが書道です。

そして、先生のお手本に近づけば近づくほど、いわゆる段級が上がっていきます。この段級があるのは習字だけです。書道に段級はありません。

ですので「書道○段」という表現は、実は書家からすると違和感しかありません。「○○書道教室○段」であれば納得がいきます。履歴書に「書道○段」はNGです。

では、書道とは??

 

次回のブログにて書きたいと思います。

ご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です